窓ぎわの野菜

室内で野菜育てにチャレンジしてます

大きくなってきました♪

〇室内温 21℃ 24℃
湿度67% くもり
ミニトマトの様子↓
【発芽~96日目】
すごく歩みは遅いですが、大きくなりましたー(^^) 大きい物で1.5cm~2cmです。もう少しで赤みを帯びてきそうです。 うれしくて又画像をupします^^; (やーでも、何度も言いますが最近は水の吸い上げる勢いがすごくて、毎日の水管理が大変です…)
f:id:hina101515:20160720114419j:plain
2本目の背の低い方の株(鈴生りとは言えないですが…立派に実をつけています)↓
f:id:hina101515:20160720114510j:plain
今でも花を開花させているので、これからも実をつけそうです↓
f:id:hina101515:20160720114649j:plain
 ☆野菜つぶやき☆
今回の話題は前回のナス科トマトの話題につづいて、同じナス科であるナスの話題です。
 日本では、奈良時代から栽培されてたとされています。 ナスの魅力はなんといっても光沢のある濃紫です。野菜の中でナスに勝る光沢を持つ野菜はないのではないでしょうか?  その光沢ある紫の色素にはナスニン、クロロゲン酸という成分が含まれ、ポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、がん予防、高血圧予防、またコレステロール値を下げる働きがあるといわれています。又、血管の柔軟性を保つ作用が期待されるルチン、エルセチンという成分も含まれています。 他にもナスにはコリンと言う成分も含まれ、コリンは人間の副腎皮質、肝臓にも存在する成分で、脂肪肝動脈硬化の予防、高血圧の予防の働きがあると期待されているようですが、コリンについては今後のさらなる研究に期待されています。